講座について

講師紹介

木村 匡宏(きむら まさひろ)

画像:木村匡宏(きむらまさひろ)

こころの発達アテンダント認定講師

IWA ACADEMY チーフディレクター

公益社団法人 子どもの発達科学研究所 特任研究員

 

岩隈久志(現シアトル・マリナーズ)が共同オーナーをつとめるIWA ACADEMYの設立メンバー。子どもからプロ選手までの競技サポートをするトレーナー。

2016年10月から、子ども発達科学研究所と提携し、未就学児向け運動プログラム「WAQUMO」の開発、科学でいじめのない世界を創る「BE A HERO」プロジェクト、部活動包括マネジメントプログラム「TEAM PLAY」の開発、普及に取り組む。

講師からのメッセージ

この講座を受講後、子どもたちへの関わり方、教え方、伝え方、プログラムの作り方までが、変わりました。例えば放課後アフタースクールなどで運動プログラムをするときも、なんでこんなに子どもたちがイキイキするのと、他の先生たちが見学にいらっしゃる程です。

脳の構造、発達心理学、行動支援まで、世界最先端の研究のエッセンスが凝縮された講座です。21世紀をよりよく生きるために、対人支援に関わる方はもちろん、全ての方に受講をおすすめします。

矢吹 真穂(やぶき まほ)

画像:矢吹真穂(やぶきまほ)

こころの発達アテンダント認定講師

 

2016年6月まで宝塚歌劇団に所属。

退団後は舞台・テレビ・司会の仕事をしながら、趣味の絵を生かし、看板製作や幼稚園の教材イラストを担当するなど、幅広く活動。

講師からのメッセージ

自分の人生を振り返ってみますと、ただひたすらに、芸事ばかりをやってきたなと思います。そんな私が「こころの発達アテンダント」の受講を決めたのは、素直に、講義内容に惹かれたからです。全く関係の無い事だとは思いませんでした。むしろ、今まで知り得なかった事を知りたいと思いましたし、人の感情を推し量るという意味では、役者としても通ずるものがあると思いました。

心はささいな事で弱くなったり強くなったり繊細なもの。正しい知識が、理解、に繋がると感じました。

まだまだ経験不足の私ですが、専門的な学びにより得た沢山の気づきと知識と共に、少しでも多くの方に寄り添いたいと切に願います。私にしか伝えられない言葉がきっとあります。それを伝えたいです。

前田 智行(まえだ ともゆき)

画像:前田智行(まえだともゆき)

こころの発達アテンダント認定講師

授業ユニバーサルデザイン学会会員

公立小学校勤務

 

医療系企業に勤めた後、公立小学校で勤務。 日々多様な子どもたちと接する中で、発達障がいや困難を抱えた子どもへの教育に興味をもち、勉強を開始する。授業ユニバーサルデザイン学会に所属し、困難をもつ子を含めた、全ての子どもが参加・成長できる授業を研究実践中。学校現場で働く中で、科学的根拠に基づいた教育の重要性を実感している。

講師からのメッセージ

世の中に、誰一人同じ人いません。しかし、「違う人」を理解できず、困っている人は多いのではないのでしょうか?

理解できない背景には、「知らない」という理由が存在します。「知ること」で、今まで見えなかったことが見えてくることがあります。

講座では、「科学」をもとにした情報を、最新の知見を交えてお伝えします。違いを理解するために、まず「知ること」から始めませんか?きっと世の中の見方が変わるはずです。ぜひ一緒に学んでいきましょう。

平山 雄大(ひらやま たけひろ)

画像:平山雄大(ひらやま たけひろ)

こころの発達アテンダント認定講師

特別支援学校教諭

特別支援教育士

日本LD学会LD・ADHD心理的疑似体験プログラム講師

日本アンガーマネージメント協会キッズインストラクター

初級障がい者スポーツ指導員

 

小学校で通常の学級、支援学級の担任を経て、現在は特別支援学校で支援教育コーディネーターとして、小、中学校の巡回相談、発達検査、教員研修を行っている。これまで200名以上の子どもの支援を行い、学習支援、余暇活動ボランティアも行っている。

講師からのメッセージ

お子さんのことでこんな悩みはありませんか?

・落ち着きがない

・話が聞けない

・片づけができない

・思春期ですぐ口論になってしまう

・子どもの顔を見ると叱ってばかり

親であれば誰もが一度は悩んだことがあるかと思います。私も二児の父として、悩んでいました。

なぜこのような行動をするか?その種明かしと対応をこの講座でお話します。

原因が分かれば対応が変わります。叱ってばかりの子育てから脱却してみませんか?

桑名 亜紀(くわな あき)

画像:桑名亜紀(くわな あき)

こころの発達アテンダント認定講師

 

平成28年3月まで金沢大学子どものこころの発達研究センターに在席し「サイエンスカフェ」をはじめ、一般市民と研究者の橋渡しとなる対話の場作りの運営を担当。最先端の研究成果を一般の方に伝える大切さを知る。現在はボランティアとして「サイエンスカフェ」の運営に携わっている。

また、自身も1児の母であり、手探りで子育てをしていたところ、この講座を受講し、科学的根拠のある知識、視点を持って子ども達を導く事によって、どんな子も笑顔になれる事を知り、ぜひこの知識を多くの方に知っていただきたいと思い認定講師の道を選んだ。

講師からのメッセージ

みなさんは子ども達の言動に「何で?」と思った事はありませんか?

私は、この講座を受講し、「科学的」という新しい視点を持つことで、子どもの言動の背景に何があるのかを考えるようになりました。子育ての悩みが少しでも解消すれば、お父さん、お母さんも笑顔になれる。お父さん、お母さんが笑顔になれば子ども達も笑顔になれる。みんなが笑顔になれるよう、科学的な知識をやさしくわかりやすくお伝えする事で、少しでも力になれたら嬉しいです。

澤木 佳世(さわき かよ)

画像:澤木佳世(さわき かよ)

こころの発達アテンダント認定講師

公立小学校教諭

 

公立小・中学校の教員として勤務。

小・中学校で特別支援学級担任を5年間、特別支援教育コーディネーターを5年間担当。

現在は小学校通常の学級の担任。

障害をもつ子の母親でもある。

講師からのメッセージ

障害をもつ子が生まれ、「ふつうって何?」と思いました。「世の中から『普通』がなくなればいい」とも。世の中に「普通」なんてありません。「みんなちがってみんないい」はずです。しかし、まだまだ世の中には「ちがうとよくない」ことが多くあります。

この講座に出会い、「ちがってもいい」方法がたくさんあることを知りました。共によりよい子育てを考えていきましょう。どの子にとっても楽しい学校であるために、幸せな毎日であるために、共に学びましょう。

西 邦枝(にし くにえ)

画像:西邦枝(にし くにえ)

こころの発達アテンダント認定講師

福井県スクールカウンセラー

学校心理士

体育学修士

元小中学校教師

 

小中学校に14年間勤務。退職後、適応指導教室の相談員になり、困難さを抱える子供たちへの支援の大切さを知る。

その後、教員経験を生かしスクールカウンセラーになる。

子供たちが持っている特性を正しく理解し、適切な支援方法を考えるために、当講座を受講する。

将来は、子どもが子どもらしく生きることが難しい現代社会において、健全な成長に必要な、遊びや運動などの様々な体験を提供する場を作りたいと考えている。

講師からのメッセージ

子どもたちが困り苦しんでいる状況を、多くの人が、自分が経験したことや常識だと思っていることなどを基にして、分析判断してしまっているように思います。

私自身もそのような見方で子どもたちに接してきてしまった、という後悔があります。

発達を科学的にとらえることで分かってきたことを基に、子どもたちが直面している問題を正しく理解し、適切な支援をすることが大切だと感じ、アテンダントとなりました。

福田 聡(ふくだ さとし)

画像:福田聡(ふくだ さとし)

こころの発達アテンダント認定講師

岡山市公立中学校 教諭

 

岡山県内の小中学校の教員として29年間勤務。

岡山県総合教育センターで研修員として情報教育を学び、ICTを活用してすべての生徒にわかる授業の研究に取り組む。

現在岡山市内の中学校で社会科教員・学年主任・研究主任を勤め、スクールワイドでのPBISに取り組む。

講師からのメッセージ

「一人の生徒も見捨てない」をモットーに教育活動に取り組むも、今までのやり方と情熱では救いきれない生徒がいることに気づいた昨今、「こころの発達アテンダント」で学んだ科学的なアプローチと応用行動分析に活路があるのではと実感しました。

このことを一人でも多くの教員に伝えたいと考えています。

ともに学びましょう。

深川 暁宏(ふかがわ あきひろ)

画像:深川暁宏(ふかがわ あきひろ)

こころの発達アテンダント認定講師

あかつき指導会 塾長

博士(科学)

 

遺伝学研究所・理化学研究所・東京工業大学で生命科学の研究に10年間携わった後、個別指導塾あかつき指導会を開校。

様々な学力層の小学生から高校生までの指導をしている。

講師からのメッセージ

個別指導塾として子どもに接していくと、子どもたちの未来だけでなく、現在進行形で子育てに悩みを抱える保護者の方々のためにも、正しい科学的知見に基づいた子ども支援とそれを伝えていくことが大事だと思うようになりました。

学習塾という少し変わった立ち位置ならではのエピソードを交えながら、本講座の内容を分かりやすくお伝えしていければ、と考えております。