講座について

アドバンスコース専門家として、講師として

こんな方におすすめ

保育所、塾、学校など子どもと関わる職場にお勤めの方

保護者の方や支援者向けの勉強会などを主催されている方

支援の方法・伝える技術を習得し、専門家として活躍されたい方

画像イメージ

受講資格

ベーシックコース修了者がご受講いただけます。

 

プログラム内容

このプログラムでは、子どもの発達や支援について、理論的な背景をもとに詳しい解説やケース検討も行いながら、子どもの発達に関する様々な質問に対応出来るための応用力を養います。また、こころの発達アテンダント ベーシックコースの内容を正しく教えることのできる人材を育成するための内容も含まれています。

 

【 初日 】

プログラム内容時間
基礎理論①
脳と発達の科学Ⅱ

・脳の機能と発達について、最新の研究からわかったこと
・学びと発達を脳機能モデルで考える
・発達障害の脳機能やその支援を脳機能モデルで考える

90分
基礎理論②
子どもの発達心理学Ⅱ

・子ども虐待の子どもへの影響と支援を考える
・自己肯定感への支援の実際
・思春期危機の予防と対応

90分

基礎理論③
子どもの行動支援学Ⅱ

・行動とは何か
 デッドマンテストとIBSOテスト
・ABC分析の実践
・なぜ体罰やパワーコントロールがダメなのか

90分

演習①
子どもの行動支援学演習

・行動支援の必要性と方法

 よい行動を増やしよくない行動を減らす
・ケース検討演習
 情報の収集から見立て、目標設定への流れの理解

60分


【 2日目 】

プログラム内容時間
実践理論①
こころの発達アテンダント学

・こころの発達アテンダント講習会の意図とカリキュラム構成
・啓発の重要性と伝えることによる知識の定着

・プレゼンテーションの技術

30分
実践理論②
子どもの社会支援学

・子どもの教育や支援に関する法律や制度の理解
 障害者権利条約、障害者差別解消法発達障害者支援法、特別支援教育インクルーシブ教育、ICF、合理的配慮

・ICFの考え方で障害を捉え、合理的配慮を考える

90分
演習②
こころの社会支援学演習

・脳機能モデルで障害を捉え、合理的配慮を考える

・事例演習

 ICFと脳機能モデルで障害を捉え、具体的支援を考える

60分
演習③
こころの相談支援学演習

・相談支援の方法(その役割と限界)
・相談支援スキル演習(何を聞くのか、どう対応するのか)
・相談内容の視覚化

80分

演習④
こころの発達アテンダント演習

・プレゼンテーションスキルの演習
・エピソードの挿入の価値

・プレゼンテーションの発表 講評

80分

修了式

修了証書の授与、諸連絡

15分

※プログラム内容は一例です。

受講料 (消費税・テキスト・修了証代込)

 通常賛助会員(5%OFF)再受講(50%OFF)
2019.9.30まで  59,400円

56,430円

29,700円

2019.10.1から 60,500円 57,480円 30,250円
※消費税増税に伴い、2019.10.1から受講料を改定致します。予めご了承ください。